先月から同棲を始めました。
生まれて初めて同棲をしたので、感じたことをメモしと きます。
(ルームシェアしてくらしたことはあるけど、同棲は初 なので…!)


少しゆるく生活する

毎日、家事炊事掃除洗濯を完璧にこなすのは難しいし
相手にそれを求めてしまうと自分も相手も疲れて嫌な気持ちになるし、無理がきます。

なので、「今日はこれとこれを頑張ろう」と二人で決めて
そのタスクを消化したら二人で「よくやったー!がんばったー!」とお祝いす ると、
なんだか達成感があって嬉しいです(笑)


やってくれるのが当り前じゃない

全部家事を自分がやるというのは難しいし、相手に全部任せてたら相手が大変。
なので各々が分担してやるようにしています。

で、分担してるからやるのが当たり前、じゃなくて
やってくれたら「ありがとう」を忘れないように伝えています。

言ってしまえば赤の他人が一緒に生活していて
お互いのために何かやってくれるって嬉しいことだし、
いつもの家事でも、感謝の気持ちを忘れないようにしています。


相手の「お母さん」にならない

相手のためを思って、あれもこれもそれもって思うと
恋人同棲じゃなくていつの間にか相手の母親代わりになってしまう気がす るんですよね。

それぞれ相手に尽くす形はあると思うけど、
私は相手のために何もかも全てやるという形は違うなーと思うので
彼の「お母さん」にはならないようにと思っています。


イベントを作る

今まで少し離れて暮らしていたので、会えるだけでもドキドキ!って感じだけど
一緒に暮らしてたら待ち合わせのドキドキ感とか薄れてきちゃうこともありますよね。。

一緒にいるからこそ、ときどき思いっきりオシャレしたり
特別なことは何もなくても相手の好きなもの買ってきて一緒に食べてウキャウキャしたり
ほんっとにちょっとしたことでも、少しイベントがある と
どきどきを忘れなくていいなーって思いました。


違って当たり前

家族でもないし、恋人同士といってもまだ半年。
まだまだお互いのことを知らないし、言ってしまえば赤の他人。

なので、少し意見が違うことがあっても「違って当然だから、いっかなー」と思っています。

「こんなに大好きなんだから意見あわせろよムキー」と頭ごなしに言っても伝わるわけないし、
なにより気楽に構えると意見がぶつかっても疲れないのでイイです!


「ごめん」より「ありがとう」

例えば、「お皿洗ってもらっちゃってごめん」よりも
「お皿洗ってくれてありがとー!!!!」のほうが
言うほうも言われたほうも嬉しいかなって思っています。

なので、「ごめん」よりも「ありがとう」って笑顔で言うようにしています。
(もちろん謝ることが必要なときは「ごめん」が必要だけど)


それぞれの生活を尊重する

お互い仕事があって、プライベートがあるので
それぞれの生活を尊重したいなーと意識しています。

四六時中彼とともに行動!だとお互い疲れてしまうと思うので
今までと変わらず仕事をして、
友達とごはん食べに行ったりライブに行ったりネイルサロン行ったり
お互いの生活を大事に、踏み込みすぎないようにしています。

ちなみにGoogleカレンダーを共有しているので
お互いの予定がわかるようにしています!
言わなくても見ればいいからこれ便利。

***

初めての同棲が最後の同棲になるといいなぁ。
- 生まれて初めて同棲をして分かった7のこと | -&- (via jyamil) (via 908908) (via xlheads) (via reaf) (via starcatstar) (via sillat) (via lightsnow) (via gkojay) (via kwanzeoncalling) (via darylfranz) (via mazz-jp) (via trepanger) (via hkdmz) (via aobouzu) (via precall) (via 908908) (via yskz) (via jaguarmen99) (via k32ru) (via scocch) (via takata-japan) (via dranktoomuch) (via ikaikairuka) (via hummer) (via hkdmz) (via nyasuug) (via daizydaizy) (via multi) (via mekarauroko)
先月から同棲を始めました。
生まれて初めて同棲をしたので、感じたことをメモしと きます。
(ルームシェアしてくらしたことはあるけど、同棲は初 なので…!)


少しゆるく生活する

毎日、家事炊事掃除洗濯を完璧にこなすのは難しいし
相手にそれを求めてしまうと自分も相手も疲れて嫌な気持ちになるし、無理がきます。

なので、「今日はこれとこれを頑張ろう」と二人で決めて
そのタスクを消化したら二人で「よくやったー!がんばったー!」とお祝いす ると、
なんだか達成感があって嬉しいです(笑)


やってくれるのが当り前じゃない

全部家事を自分がやるというのは難しいし、相手に全部任せてたら相手が大変。
なので各々が分担してやるようにしています。

で、分担してるからやるのが当たり前、じゃなくて
やってくれたら「ありがとう」を忘れないように伝えています。

言ってしまえば赤の他人が一緒に生活していて
お互いのために何かやってくれるって嬉しいことだし、
いつもの家事でも、感謝の気持ちを忘れないようにしています。


相手の「お母さん」にならない

相手のためを思って、あれもこれもそれもって思うと
恋人同棲じゃなくていつの間にか相手の母親代わりになってしまう気がす るんですよね。

それぞれ相手に尽くす形はあると思うけど、
私は相手のために何もかも全てやるという形は違うなーと思うので
彼の「お母さん」にはならないようにと思っています。


イベントを作る

今まで少し離れて暮らしていたので、会えるだけでもドキドキ!って感じだけど
一緒に暮らしてたら待ち合わせのドキドキ感とか薄れてきちゃうこともありますよね。。

一緒にいるからこそ、ときどき思いっきりオシャレしたり
特別なことは何もなくても相手の好きなもの買ってきて一緒に食べてウキャウキャしたり
ほんっとにちょっとしたことでも、少しイベントがある と
どきどきを忘れなくていいなーって思いました。


違って当たり前

家族でもないし、恋人同士といってもまだ半年。
まだまだお互いのことを知らないし、言ってしまえば赤の他人。

なので、少し意見が違うことがあっても「違って当然だから、いっかなー」と思っています。

「こんなに大好きなんだから意見あわせろよムキー」と頭ごなしに言っても伝わるわけないし、
なにより気楽に構えると意見がぶつかっても疲れないのでイイです!


「ごめん」より「ありがとう」

例えば、「お皿洗ってもらっちゃってごめん」よりも
「お皿洗ってくれてありがとー!!!!」のほうが
言うほうも言われたほうも嬉しいかなって思っています。

なので、「ごめん」よりも「ありがとう」って笑顔で言うようにしています。
(もちろん謝ることが必要なときは「ごめん」が必要だけど)


それぞれの生活を尊重する

お互い仕事があって、プライベートがあるので
それぞれの生活を尊重したいなーと意識しています。

四六時中彼とともに行動!だとお互い疲れてしまうと思うので
今までと変わらず仕事をして、
友達とごはん食べに行ったりライブに行ったりネイルサロン行ったり
お互いの生活を大事に、踏み込みすぎないようにしています。

ちなみにGoogleカレンダーを共有しているので
お互いの予定がわかるようにしています!
言わなくても見ればいいからこれ便利。

***

初めての同棲が最後の同棲になるといいなぁ。
- 生まれて初めて同棲をして分かった7のこと | -&- (via jyamil) (via 908908) (via xlheads) (via reaf) (via starcatstar) (via sillat) (via lightsnow) (via gkojay) (via kwanzeoncalling) (via darylfranz) (via mazz-jp) (via trepanger) (via hkdmz) (via aobouzu) (via precall) (via 908908) (via yskz) (via jaguarmen99) (via k32ru) (via scocch) (via takata-japan) (via dranktoomuch) (via ikaikairuka) (via hummer) (via hkdmz) (via nyasuug) (via daizydaizy) (via multi) (via mekarauroko)
「フリーターになって一日14時間バイトしながら夢を追いかけてるバンドマンより、 9時-5時で仕事が終えてアフターファイブにバンドやってる公務員の方が、長く練習時間確保出来て演奏上手いとかあり得そうで怖い」という書き込みを見た。これは現代のイソップ童話として、広く周知すべき。
そういえば、雨の友人との会話で、何の気なしに
「今の日本の技術力で本気で兵器を作ったら、
どんなもんが出来るだろうという単純な興味はある」
と言ったら、友人が
「やめてくれ。日本人は兵器開発に取り組まないでくれ。
お前らが本気出したら、誰でも持ち運びが出来てどこでも簡単に
爆発させられる小型核爆弾とか作りそうだから。
そんなのがロシアや北朝鮮や中東に流出したらシャレにならん。
日本はおとなしく高性能なデジカメ作っててくれ」
って言われた。

1. お鍋(フライパンでもOK)に1cmくらいのお水と卵を入れ蓋をして火にかける。
2. 沸騰したら中火で5分、火を消し3分放置する。
3. 冷水につけなくても、アツアツのままでもキレイに殻が剥けちゃいます!

この3ステップで驚くほどにつるつるに殻が剥ける。
伊藤家とかそんなチャチな技じゃない。

やばい。
何度も申し上げておりますが、日本は「ポルノが氾濫する後進国」なのではなくて、「二次元と三次元の区別をつけた上で誰にも迷惑をかけずに欲望を充足するマナーある紳士淑女たちの超先進国」なので、日本が世界に倣うんじゃなくて世界が日本を見習うべきなのです。犯罪率とか数字がそれを裏付けてる。
直感というのは適当なことではなくて、今まで勉強したことを高速で答えを出すシステムなんです直感は積み重ねがないと機能しません

イタリアのサッカーの試合で、ゴールエリァのファールを取られてフリーキックになったことがありました。

誰もがエーッとなりました。

攻めている側もわかるミスジャッジでした。

サッカーは、ミスジャッジも含めたゲームです。

「いただき」でシュートを打っていいシーンです。

フリーキックをする選手は、フワーンと蹴って、わざとはずしました。

誰もが大拍手です。

最終的には、わざとはずしたチームが勝ちました。

サッカー場にいた人は最高のシュートを見たのです。

両チームとも「いまのは誤審」とわかって、もう1つ上の試合をしています。

見た目の試合に勝って生き残るよりも、記憶の中に生きのびています。

みんなの記憶の中に生き残ると同時に、気持ちが自分自身の人生に残ります。

審判に決められることではないのです。

ギリギリセーフかギリギリアウトかは自分の中の判断です。

ぶちキレそうなところを「危なかった。いま怒るところだったよ」というのはセーフです。

ぶちキレそうだったのがぶちキレていません。

「許した」もセーフです。

審判のミスジャッジに、「いまのはおかしい」と食ってかかるのを、ファンは見たくありません。

審判に食ってかかるのを見たくて、競技場へ行っているのではないのです。

ミスジャッジでも「いまのファールは厳しいよね」と言いながら見ています。

そんなこともあると、選手も見ている人もわかっています。

審判も「しまった」と思っています。

すべての人がここで救われるのです。

審判は、「フリーキック」と言ったあとで、「ゴメン、いまのはちょっと違った」とは言えません。

フリーキックをわざとはずすことで、審判の面子もつぶさずゲームの続行を共有できます。

これが大人です。

子どもは、みんなが感動しているのを見て「スポーツっていいな」と思います。

ただ勝つよりも上の世界があるのです。

それは吉本隆明さんという方が
ある犯罪に際して話された言葉なんですね。
日本で15年くらい前、
ひとりの子どもが殺されて、首を切りとられ、
その首だけが学校の門の前に置いてあったという
事件がありました(神戸連続児童殺傷事件)。
そしてその事件は当時、
非常に猟奇的でスキャンダラスなニュースとして、
毎日、報道されていたんです。

でもその先生は、
メディアがその事件について
「人間のやることじゃない」
「犯人は常軌を逸している。信じられない」
といった論調で騒いでたときに、
「いや、犯人が特別というのは、違うんだ。
 人間にはもともと歴史的に
 そういうことをしていた時代もあるんだから」
ということを言ったんです。
人間がやってきた歴史の中には
たとえば日本でも、武士が手柄のために
相手の首をさらしていた時代もある。
だから、その事件についても
「スキャンダラスな事件としてではなく、
 『人間がやりうること』として捉えています」
と、おっしゃったんですね。

それでぼくは、その言葉を聞いたとき、
自分がいかに、
いまの時代、いまいる場所の考え方に
とらわれているかについて
反省したんです。

かつて取材でオランダを訪れた際の、地元の人達の慎ましい生活ぶりが記憶に残っている。あるオランダ人の友人は、自分たちをこう評していた。

 「私たちは毎日、何事もなく生活できていることが幸せと感じられる。刺激的ではないのかもしれないけど、柔軟で穏やかな国民性だと思う」

 毎日昼食でパンにチーズとハムを挟んだだけのサンドイッチを食べ続けても、彼らは飽きることもないという。

赤ワインを適量飲むと体にいい、というデータが出たので、ワイン産出国もお酒の会社もみんな大喜びしたのです。ところが、年齢・性別など多くの因子についてはきちんと標準化していたものの、「赤ワインを行儀良くたしなむ人」はそもそも生活レベルが高いということを、統計学者が失念していました。

ひとはこういったことを見ると「創造的である」と言うのだ。 知識の量がある水準を超えると、急激に創造的になったように見えるのだ。 これとパーコレーションの現象は無関係ではない。

「常識のない若者にしかできない創造があるではないか」これは反論にならない。 常識のない若者にしかできない創造は、もちろんある。 しかしこれは、若者が物事を知らないことによるものではなく、 バランスの悪さに起因するもののみである。

 グーグルでは社内ミーティングを開催する際に、本当に必要なのかが問われます。単なる情報共有ならばメールでできます。ミーティングは議論するためのものですから、通常のミーティングでは8人程度の出席者が最大です。

 またミーティング時間は25分が基本です。定刻で終わらせるため、全員が全力投球するのが掟(おきて)です。24時間前までに議題が送られ、事前に資料などは目を通していることを理想とします。資料はすべてオンラインで用意されますので、ミーティングで配布物があることはまれです。

 議題と資料は事前にメンバーに提示されているので議論はすぐにトップスピードで交わされ始めます。そして終了時間5分前ごろに、実行しなければならない事項を整理してクロージング(まとめ)に入ります。まとめた結果はミーティング終了後速やかにメールなどで出席者同士で共有します。スピードがグーグルの命ですが、ミーティング一つとっても素早いテンポで進めることに強いこだわりがあります。

-

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO67482710X20C14A2000000/ (via jsato)

普通の米国企業でもミーティングの設定はせいぜい1時間だし、時間の終わりにはクロージングをするし簡単には延長しないのが基本。

(via yoosee)
セックスは快楽以前に重要なことがある。指を伸ばす。相手の肌に触れて、指先にわずかに力をこめる。ふっと腕を引かれることもなく、そのまま触れることを受け入れてもらえる。悦楽よりも、「触れることの受容」が何より嬉しい。それが快楽か愛かはわからないけれど、触れることを許し、許されることの喜びが、幸福だと思う。
金、とにかく金を稼げ、それで何でも買ってみろ 愛 恋 友情 幸福 みんな買えたか それから、金で買えないものを探せ

think-two

think-two