つい200年前までフォークがなかった
イタリア人はスパゲティを手でつまんで頭の上からぶらさげて口を大きく開けて食べていた
こんな連中に麺をすするなとか言われたくない
ドーク 国際法上、日米戦争の始まりは日本の真珠湾攻撃ではありません。それは、1941(昭和16)年7月のルーズベルト大統領による日本の在米資産凍結です。これは当時の国際法では「戦争行為」にあたります。アメリカでは批判される見解かもしれませんが事実です。
 ですから、法律的には、真珠湾攻撃は日本の防衛行為だと解釈されます。日本はもともとアメリカを攻撃したくはなかったのに、ルーズベルトが仕掛けた。

Q. 「講義に出てこなくてもいい」とはどういうことですか?

A. 大学の講義で教える内容は、高校よりもずっと高度ですので、高校までと全く同じやり方で勉強しても身に付きません。特に、物理や数学のよう に論 理を積み重ねてゆく学問では、わからないのに先に進まれると非常に困るでしょうし、反対に、わかったのにまだ説明が続くのもイライラします。そして、どの 辺りで時間がかかるかは、一人一人異なります。ですので、一人一人が自分のペースで 教科書を読んで身につけるのが一番良いのです。特に私が書いた教科書は、それができるように丁寧に書いてあります。

Q. それでは、講義はなんのためにあるのですか?

A. まず、一番大きいのは、質問できることです。特に、熱力学や統計力学や量子論のように 高度な論理構造を持っている学問を学ぶときには、様々な人が抱きそうな疑問点を全て教科書にくわけにはいかない(そんなことをしたら百科事典よりもはるか に厚くなってしまう!)ので、どんな教科書で勉強しても、どうしても疑問点が出てきます。そのときに、信頼できるプロに自由に質問できるというのは、実 は、大変に有り難いことなのです。しっかり考えながら教科書を読む人ほど、そのことがわかってくるでしょう。(最近、ネット上で質問すると誰かがそれに答 える、というサイトが増えてきているようですが、その答えを覗いてみたら、そのはちゃめちゃぶりに驚かされました。皆さんは、大学でちゃんとした人に質問 しましょう!)

だから、疑問がわいたときだけ講義に出てきて質問すればよいのです。そうすれば、講義のペースに煩わされることなく、自分のペースで勉強ができます。(質問は、講義よりも前の部分でも後ろの部分でも構いません。)

もちろん、もっと積極的に講義を活用することもできます。例えば、教科書を予習して きて、講義を総まとめとして聴く。あるいは、予習をしないで講義を受 けて、講義は概略を聴く場にする(家に帰ってから、講義で進んだところまで、本格的に教科書を読む)、などです。

どのやり方が自分に合っているかは一人一人異なりますから、自分に合った方法を選んでください。

-

物性基礎論の清水明さんによる、大学の講義に関する素晴らしいアドバイス。

ただなあ、清水さんの書いた量子力学の教科書は日本語で書かれた本のなかでもダントツに良い本なので、「一人一人が自分のペースで 教科書を読んで身につけるのが一番良い」と言い切ることができるけれど、すべての教員の講義がこのアドバイス通りに学生が受け取とることができないのが現実かも。

講義についての疑問・要望への返事

(via kashino)

・人は怒ると、自分が正しいとしか思えなくなる。
ネットのニュースでパスタに塩を入れても歯ごたえとか変わらんから無駄とか言われてるけどははん!(鼻笑)あれはパスタに塩分を足して置かないとソースが持つ塩分濃度との浸透圧の関係でパスタから水分がどんどん抜けて皿の中がびちゃびちゃ&味が薄くなっちゃうのを防ぐために入れるものなんだよぉ!
あと体調不良って言うとすぐ「体調管理を」とか言うのやめてほしいよね。調子悪い時に休むのが体調管理なんだよ。
-

Twitter / rna (via rpm99)

てか世の人は何故に年休を取るのに理由を尋ねるんだろうか。尋ねて納得できる理由だとなにか良いことあるのか?

(via yoosee)
578: 日出づる処の名無し 2014/05/06(火) 17:34:46.22 ID:Hy1uP9Hk
そういえばアメリカのニュース番組では

・司会が個人的意見を言うのは禁止
・ニュース映像にBGMをつけるのを禁止
・ウソを報道するのは禁止


日本でもやるべきだよね。


585: 日出づる処の名無し 2014/05/06(火) 17:39:02.35 ID:CnZX+lMR
»578
そういう所はアメリカ見習えと言わないんだからなあ、マスコミ
もっと勉強しとけば良かったとか言う人結構いるけど、それは勉強しなかったことに対する後悔と言うより、その時間にやってた別のことが今に全く生かされてないことに対する後悔なのよ。つまり問題は昔じゃなく今にあるわけよ。理想と現実の乖離に対する責任を昔の自分に押し付けてるだけなのよ。違う?
麻生発言への反論に対して「政治家は発言のどこを切り取られても誤解を生まないようにする必要がある」と、もっともらしく言ってるバカ政治評論家がいる。一見すると正論だが、欧米には『7秒未満に刻んではいけない』というルールがある。問題のフレーズは3秒ほど。
中学や高校で、「自分のこどもは一切ワクチンをしてません!」という誇らしげな親に時々あいます。健康問題もありますが、その子の進路から医学、看護、教育の選択肢がなくなります(実習に行けませんので)。そんなシンプルな事実は意外にしられていません。

「だから言ってるだろう。ぼくはもう努力なんてしたくないんだ」

「それが二つ目の勘違い。努力なんてしなくていい」

「は?」

「だから、努力なんてしないほうがいいんだよ。努力がつらいのは、やりたくないことをやるからだ。やる価値がわからないものを、やらされるからだ。そういう努力なら、やらなくていいよ」

無駄な苦労を尊ぶ風潮が、息苦しい社畜文化を作ってきた。

「さっき話に出てきたPixivだけど、ランキング上位の常連の人たちってすごいよ。たとえば商業で活躍している人なら、月に何十枚も……人によっては1日1枚以上のペースで仕事をこなしつつ、たまの休日にもラクガキをしている。描くのをやめられないんだ。当然、誰にでも真似できることじゃない。誰にも真似できないからこそ、仕事になっている」

人よりもたくさん描いているから上達し、上手いからこそ仕事が来て、さらにたくさんの絵を描くことになる。いい循環ができているのだ。

「そんな特別な人の例を出されても……」

彼は苦笑した。

私も苦笑を返す。

成功している人を“特別な人”と考えているうちは、その人のようにはなれない。自分と違う人種だと考えているうちは、絶対に成功なんてできない。同じヒトという生き物でありながら、どうしてこんな違いが生まれたのか。そちらに目を向けるべきだ。

「最近僕が見つけたやり方は、“名前をなくす”ことです。たとえば“コップ“は液体を入れて飲むことに使う道具ですが、それ以上のものではありません。でもその名前を取ってしまえば、花瓶やペン立てに使おうとか、金魚を飼おうとか、積み上げて建物を作っちゃおうとか、自由な発想が出てくる。すると結構いろんな使い方が想像できて面白いんですよ。レールが引かれている今の世の中ではすべてのものに名前が付いていて、それが使い方を規定しています。だから、いったん名前を外して『これって何をするものだろう?』と向き合うことにしたんです」
そうなんだよ!!! RT @DTyarou123: マジレスだが統計によると現在の婚姻率低下は、数十年前の恋愛結婚と見合いの混在から、ちょうど見合いの分を引いたのに等しい。つまり見合いで救済されていた層がそっくり非婚化してる。
そうなんだよ!!! RT @DTyarou123: マジレスだが統計によると現在の婚姻率低下は、数十年前の恋愛結婚と見合いの混在から、ちょうど見合いの分を引いたのに等しい。つまり見合いで救済されていた層がそっくり非婚化してる。

think-two

think-two