「理解の接続詞」というのは、先行文脈では理解しきれない内容を、後続文脈で読み手にわかりやすく示すことを予告する接続詞です。自分が書いた文章を読み手がどう理解するかを意識して、読み手の理解に歩みよろうとするときに出現する傾向があります。
・子供が本音を話しているときに、絶対に言ってはいけないことがあります。正論です。間違っていないからこそ、子供は何も言い返せなくなるのです。そうすると、子供はようやく開きかけた心を再び閉ざします。

・正論は、相手の心を閉ざす「言葉の凶器」と考えてもいいでしょう。あらゆる人間関係において、正論を言うことは相手との関係を悪くする可能性がある。

・人間関係を良くするために使いたい言葉は、「ありがとう」と「うれしい」の2つです。

孤独のカタチは一人一人違う。

多く人は、 そのカタチをぴたっと埋めてくれる誰かに出逢えない。 それどころか理解者にさえ恵まれない。

でも、全てわかってもらえずとも、 自分の孤独のカタチに寄り添う誰か、 「たった1人」いればやっていける。

その1人は、リアルな人間でなくてもかまわない。

表現作品や、想像上の世界の生きものでも。

「深い孤独の闇にいる人に、  想像でつくった物語がなんの役に立つ?」

という人もいるだろう。 けど、

「心が呼吸をやめ瀕死になった人を、  文学や音楽が本当に救うこともあるんだ。」

ということを、 私は、仕事を通して何度か目の当りにしてきた。

あそこの景色きれいだったね。
次はあれ食べたいね。
今度はお家で作ってみようか。

こういうほんとにちっちゃな思い出や希望を自分の芯にすると幸せになれることに僕は気づいてよかったと思う。

- (via lesson5)
人間は何も創造はしない。発見するだけだ。
- ガウディ - Gimme Gimme: (via shrineroof) (via rightstaff) (via nagas, amayadori)
2009-03-29 (via gkojay) (via jacony) (via aerogenerator) (via shortcutss) (via mc2-e) (via usaginobike)
落語は人間の小ささを大切にする。
始末の悪さ、愚かさをそのまま語る。
こういう人間の業(ごう)を肯定してしまうところに、落語の物凄さがある。

人は何かひとつくらい誇れるものを持っている
何でもいい、それを見つけなさい
勉強が駄目だったら運動がある両方駄目だったら君には優しさがある
夢をもて目的をもて、やれば出来る

こんな言葉に騙されるな
何もなくていいんだ人は生まれて生きて死ぬ
これだけでたいしたもんだ!
騙されるな

-

ビートたけし - 人は何かひとつくらい誇れるものを持ってい…


 わたしこれすごくすきで、たまに見て涙ぐむ・・・

(via yue)

人は何かひとつくらい誇れるものを持っている
何でもいい、それを見つけなさい
勉強が駄目だったら運動がある両方駄目だったら君には優しさがある
夢をもて目的をもて、やれば出来る

こんな言葉に騙されるな
何もなくていいんだ人は生まれて生きて死ぬ
これだけでたいしたもんだ!
騙されるな

-

ビートたけし - 人は何かひとつくらい誇れるものを持ってい…


 わたしこれすごくすきで、たまに見て涙ぐむ・・・

(via yue)

また、DeNAの競合GREEがSmartNewsに大規模出資をした話も流れるなど、完全なるホットゾーンにきておるわけですよ。この行き着く先というのは見込み客商売であり、ニュースを見る人=特定の記事に関心のある人をリスト化して、スマホでのターゲティング広告の具としてより高値で販売するだけの仕組みになるわけじゃないですか。 プライバシーフリークとしては、やはりターゲティング広告はいまでこそ無法地帯で何をしてもお咎めなしな状態だとは思うわけですけれども、はっきりいって二年前のソーシャルゲームにおけるコンプガチャ騒動と同じようにガイドラインが一文変われば「ニュースアプリの体裁をとった名簿屋商売」は足元から崩れ落ちることになりかねません。

夫の単身赴任で自分が一人暮らしだった頃、
近所のとある外飼い猫♂に異様になつかれた。
高価そうな首輪をした子猫だったが、エサもやらない我が家に、
夜毎に来ては爆睡していった。

そんなある冬、泊まりがけの出張中に予想外の大雪が。
猫が心配で心配で、大急ぎで家を目指した。


家に着いたのは薄暮れ時、ドアノブは氷のように冷たい。
向こうに待つのは、一人きりの暗い部屋・・・
「猫は」と見回したら、早くも「にゃ」と後ろで待っていた。
地面の雪に、一直線の足跡。

撫でようと伸ばす手を待ちきれないかのように、
猫は目一杯伸び上がって手のひらに頭をゴッチンスリスリ。
不意に幼児の姿が浮かんだ。
「おかーさん帰ってきた」と、つないだ温かい手を嬉しくてブンブンする幼児。
「子供、いいかもなぁ」何かがフッと灯ったように感じた。

選択小梨夫婦だったのだが、
夫に「子供をもってみないか」と相談してみた。そこから亀裂は始まった。
夫は「契約違反だ、そんな人間は信用できない」と。
休まず働き続けて家に収入を入れる条件だったと。
私は、件の猫を連れて家を出ることになった。
猫も成猫となって、飼い主の引越しに置き去りにされたのだ。

一人と一匹の暮らしはうっすら温かで、この大柄な猫はとても賢く優しく、
決して私に怪我をさせなかった。
しかし外飼い時代に猫白血病と猫エイズに感染しており、
そう長くは生きなかった。

猫を送った頃には、私もさらに年齢を重ねていた。
「ああ、また一人だ。これからも、多分」そう思った。
薄暮れの道を、一人で歩いていくのだ、と。

その頃、動物好きな今の夫と出会った。
望外の妊娠。夫は「おお、生き物が増える」と素朴に喜んだ。
無事に息子が生まれ、夫がつけた名前は、さきの猫の名とよく似ていた。
(例えば、猫「タマ」息子「タクマ」のような)
夫は猫の名前までは知らず「画数で」と言ったが。

タクマはもう幼稚園児になった。
お迎えにいくと「おかーさん」と大きな体で腕にぶらさがってくる。
先生によると、タクマはお友達にも決して乱暴せず、
誰かが泣いているとそっとついててあげるそうだ。

タクマがタマの生まれ変わりというのは無理があるし、
そうすると不思議な話でも何でもないのだが
薄暮れの道に「にゃ」と現れた温いものが人生を変えた、
猫の日に間に合わなかったが、そんな話を。

一九六六年のフォーチュン100に載っている企業のうち、二〇〇六年に何社が生き残っているか、みんなは知っているだろうか。実は、一〇〇社のうち六六社はもう存在すらしていない。
「子どもが真似したらどうするんでか?!」ってキレる親いるけど、お前が叱るんだよボケ
-

Twitter / t_lav95 (via akimbd)

「子どもが真似したらどうするんでか?!」ってキレる親」を子供は見ている。

(via nnmrblgksk)

あらゆるこんがらがった糸というのは、

根気よくていねいにほどいていけば、

いつかは、すっと一本の糸にもどせる。

逆に、「何か特別にいい方法があるか?」と、

それを探そうとすると、

ますますこんがらがることになる。

とにかく、ほどきはじめることしかないのだ。

ほどくことを、はじめる。

それしかないのだ。

お金に余裕がないと、日常のささいなことがぜんぶ衝突のタネになる。食べたり着たりどこかに行ったり、そういう生活のひとつひとつのことにぜんぶお金が関わってくるからね。お金がないと、生活の場面のいちいちでどうしても衝突が避けられない。  それも何十万、何百万って話じゃない。何万円、何千円の話で激しいいさかいをする。たったそれっぽっちの金額でののしりあう、この情けなさが、わかる?

think-two

think-two